HOME > ABOUT US

「大阪市立夜間定時制高校を守る会」とは?

大阪市立の夜間定時制高校は、現在、3校ありますが、大阪市教育委員会はこれら夜間定時制高校をなくそうとする計画を示しています。こうした定時制高校存続の危機に対して、教職員・父母・卒業生を中心に2004年12月に「大阪市立夜間定時制高校を守る会」(略称「市高定時制を守る会」)を結成しました。
この会の目的は「高校教育を受ける権利と進学の機会を保障するため、夜間定時制高校の縮小や統廃合に反対し、定時制教育の充実を求めること」「大阪市教育委員会による夜間定時制つぶしの施策に対し、反対運動を展開するとともに定時制教育の充実を求めること」です。
そして、この会は賛同する個人や団体から構成されています。

わたしたちはこんな活動をしています

「市高定時制を守る会」は年1回の総会とそこで決められた活動を具体化するため必要に応じて幹事会を開いて運営しています。これまでの活動としては宣伝活動、ニュース『きずな』の発行、会員拡大のとりくみなどを行っています。また、大阪市立都島第二工業高校では、夜間定時制高校の良さを広く知ってもらうため卒業生の声を“卒業文集”を作成していますが、こうした各校の夜間定時制高校の姿も紹介しています。
私たちは学習会や教育集会などの学習・交流活動、宣伝・署名運動などをしています。大阪市教育委員会の動きに対応していくとともに「定時制の学び舎の灯を消すな」の声を拡げ、その実現をめざしてとりくんでいきます。

あなたもぜひ加入してください

今日の教育制度の中でハンディを負いながらも、それでも高校へ行たいという子どもたちが学び、成長する場として夜間定時制高校はなくてはならない学校です。大阪市は、こうした状況に目をつぶり、夜間定時制高校をつぶそうとしています。このような大阪市に対するため、たくさんの方々に「市高定時制を守る会」に加入して、運動を支える一員になってくださるよう心より訴えます。
なお、会費は個人(1口)500円、団体(1口)3000円(いずれも1年分)です。


にお便りください。
アドレスを変更しました。(2/5/2017)